読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Output.75「Pablo?」

やっぱり良かった。

f:id:fantasistajun:20160215175025j:image

彼がHIPHOPを牽引してるというよりは、
その辺りはKendrickとかに譲ってて、
新しいトレンドを作るとか、価値観を生み出すとか
そちらに意識がいっているような気がする。

言動は支離滅裂で可笑しいけどw

それも彼の人間味溢れる魅力だなーと。

いいAlbumだよ。

Output.74「1984」

f:id:fantasistajun:20160214104952j:image

このTシャツにヤられて即購入。
サイズ フォント好みだなと。

1984が1985だったら
自分の生まれ年だったから、なお良しだったのだが、
そこはルブチンスキーの生まれ年なので
仕方がない。

気付いたら今年で31歳

31といえば、サーティーワンアイスクリームとか
掛布の背番号とか。

自分とは結構縁遠い。

スポーツ選手で言えば、ベテランの域。
さて、自分は何を残せたか。

そんなことをこのTシャツを着ながら
ふと考えた。

Output.73「Awaken」


年が明けて1カ月。
まだ、2015年の延長を彷徨ってる気がする。

年末には新たな年の決意をなんとなーくして、
新年を迎えるようにしているのだが、
イマイチ、2016年を始めた感が足りない。

ずーっと2015年の続きを生きているのだろうか。
少し自分に刺激を加えていかないとなーと。

f:id:fantasistajun:20160126211653j:image

ただ、これは面白かった。
男の子ならたまらないストーリー。

SWファンとかではないのだが、
やっぱりグッときた。

さらに、本編前に流れる予告編では
コレにグッときた。
f:id:fantasistajun:20160126212346j:image

ちょっとずつ、刺激を加えながら
そろそろ起きなくては。


Output.72「Real Friends」

久しぶりに震えた曲はやはり彼でした。

毎週金曜日が楽しみだ。

 

www.kanyewest.com

Output.71「SIWASU」

ものすごい勢いで12月が通りすぎて行く。

 

いい事も悪いことも、ものすごいスピードで。

 

そんなスピード感でも、時折フワッとした瞬間が訪れる。

 

それは仲間とくだらない話をしている瞬間

 

仕事の同志とふと、他愛のない話をする瞬間

 

師走のスピード感の合間に訪れるその瞬間が

とてつもなく心地よい。

 

皆様お疲れ様でした!

Merry Christmas!

f:id:fantasistajun:20151225225046j:image

Output.70「気づいたら冬真っ只中」

早いなー。

最後のポストから、もう三ヶ月。。。

目まぐるしく毎日が過ぎていく。

忙しいにかまけるのだけは良くないから、

年末最後に面白いことを仕込んでる。
うまくいくといいなーと。

あっStraightOuttaCompton行かないと。
個人的にはStar Warsよりもこちら。
あっちも見たいけど。

www.youtube.com

 

忙しいなかでも、しっかり変わらず自分らしさを保ちたい。

仲間たちと地に足つけて、年末の師走感を楽しみたいな~と。
そんなことを感じた昨日の忘年会でした。

 f:id:fantasistajun:20151213182318j:image

 

Output.69「夏の終わりに」

早い。実に早い。

気づけばもう8月の後半。

 

今年の夏は無いと思っていたが、こうも早いとは。

7月の頭からジェットコースターのような2ヶ月間だった気がする。

夏らしいこと、全くしていないと思いがちなんだけど、

その間にコテージに行ったり、花火いったり、海に行ったり、

フェスやったり、フェス行ったりと夏っぽいこと制覇してる感があるんだけど

正直、心になにも残っていない、通り過ぎていった印象。

それは自分の問題ないなのか。忙しすぎるからなのか。

もうちょっとしたら今年の夏を整理できるのだろうか。

 

バタバタしていて栄養源である音楽をまともに聞いたり、Digたりできていないんだけれども、この夏のTopicsはこの2つ。

一つ目はWarren G師匠が帰ってきたということ。

youtu.be

いやーこれ聞いたときは久しぶりに震えた。

この変わらない(もはや変えれない?)Style。

PVのノリも変わらずかつ、かなり低予算な感じでもこのカッコ良さ。

 

この世代のオッサン達はまだまだカッコいいなと。

Dre先生のアルバムも聞かなくてはーと。

 

二つ目はD'angelo!!!

f:id:fantasistajun:20150822093754j:image

仕事で参加していたサマソニにて生目撃!

いやー見れたのはものの数分だったがマジで痺れた。。。

都合で途中退席だたけれども、幕張での労働に癒しを与えてくれた。

単独ライブ、神ライブだったようで、、、

羨ましいです。

 

さて今年も後半戦に入っていきて、残りどんなことをしようか。

日々、淡々と猛烈なスピードで過ごしているけれども

そんな中で自分の生活に新鮮なエッセンスが欲しいなと最近痛感しており、

色々、今までと違うことを試したりしていこうと考え中。

 

ということで、こんな場所で夏の終わりを少しクールにスタイリッシュに

過ごす空間を準備中。

f:id:fantasistajun:20150822093943j:image

f:id:fantasistajun:20150822093828j:image

 

詳細は後ほど。。。

 

残りの夏を楽しまないとなーと!

あっ来週末も仕事だ(* ̄□ ̄*;

Output.68「変わることと変えること」

またまた放置してしまった。

日々のインプットが多いから、適度にアウトプットすべきなんだが、

今の環境上、なかなか難しい。もっと上手く時間を使わないとなーと。

 

今年は色々なものが変わった。意識的に。

生活をに関わる大きな2つの事柄を変化させ、自分自身も変わってきたと思う。

いい意味で考え込まなくなった、物事に柔軟に対応できるようになった、そんな感じがする。

 

けれども「変わる」ことと「変える」って似て非なるもので。

後者はとてつもなく難しいものだと痛感している。

 

自分の次の、すべきことってこっち方面のことなのかなーと、

最近思ったり、いや、今、思っただけだったり。

 

変えるのってなかなか難しいのだけれど、この夏ひとつだけ、

しっかり「変える」ことをやろうと思っている。

それがこれ↓

f:id:fantasistajun:20150705222140j:image

一昨年からやってる個人的には実験的なコミュニティ(パーティ)のC'est La Vie。

今年はそのC'est La Vieをもうちょっとステップアップさせるため

友人が率いる「ちょけクルー」と「UNDER TOKYO」の2つのクルーと

合同でSummer Partyをやろうかと。

 

一年半やってきたC'est La Vieをいい意味で一段変えるために。

関わってくれた皆さんとの関係性をより高めるために、

ちょっと面白いことをこの夏できればなーと。

 

7月18日は開放的なこのPartyで一緒に遊びましょうよ。

うん、そうしようよ。

Output.67「春のヲワリと夏のカヲリ」

f:id:fantasistajun:20150506222219j:image

また、一ヶ月以上あけてしまった。。。

反省。。。そろそろTo Doアプリに入れなくては。。。

 

さて、世の中はGWの終わりをむかえ、

いつもリア充で溢れかえっている蔦屋書店のお客も心なしか

くもり顔の気配が。

 

春から夏に移り変わる梅雨前のこの時期は何とも言えないほど

気持ちよく、ついなんの予定もなしに出かけたくなる。

 

そんな心持ちだからか、今年のGWは特に予定を入れず、

その日の気分とその日のタイミングでそろう仲間たちと

いい時間を過ごすことができたのではなかろうか。

 

年々、休日に予定を入れるのが億劫になってきている気がする。

 

日々の繁忙スタイルに対しての反動か、

はたまた管理されたスケジュールに追われる現代社会へのアンチテーゼか。

 

緻密に計画された休日を謳歌するのはもちろん素晴らしいことではあるのだけれど

気のみ気のまま、この街を楽しむのだって充分贅沢なことだと感じたGWだったなーと。

f:id:fantasistajun:20150506222051j:image


Output.66「Re」

f:id:fantasistajun:20150322160652j:plain
ご無沙汰です。
 
2か月弱、Outputしてなかったってことか。
ルーティーンワークを滞らせるのはよくない。
 
かといって、何もしていなかったわけでもなく、
地味にあくまで自分ペースではあるけれど
大きな変化を行ってきた、2か月弱だった。
 
色々と変化があると、その流れに身を委ね過ぎて
自分が見えなくなることがあるのではと感じる。
→ここを少し放置気味にしてたりとかw
 
話は少しずれるが、自分が買う雑誌の表紙が
Terry Richardsonの撮ったものが多いことに気づいた。
 
自分は毎回、同じ雑誌を買うタイプではなく、
手元に置いておきたいと感じたときのみ、購入するようにしている。
とはいえ、雑誌の表紙は顔みたいなもので、そのインパクトは重要で。
 
表紙に惹きつけられて、雑誌を手にしてみると
彼の撮影した写真だと気づくことが多い。
 
いつも感心させられるのは、これは彼が撮ったものだと、
瞬時にわからせる写真の個性だ。
 
なんとなく、彼の仕事なんだろうなと感じさせる。
なぜ、そんなことができるのだろうと考えたことがある。
 
恐らくブレていないからなのだろうと。
芯が変わらないからなんだろうと。そう思う。
 
前置きが長くなったが、自分もそうなりたいなと。
 
今までも、これからも、ブレずに自分を楽しめるように生きていきたい。
 
ふとTerry RIchardsonの写真を見て感じたなーと。